Sunday, 14-Dec-2014 19:49:49 JST 2008年4月28日 CICP2008推進委員会
CICP2008ホームページ

創造力と国際競争力を育む情報科学教育コア「プロジェクト型研究提案」の公募について

以下の通り,2008年度,CICP(Creative and International Competitiveness Project)を募集します.

公募の趣旨

文部科学省「大学院教育改革支援プログラム」に採択された、本研究科の 教育プログラム「創造力と国際競争力を育む情報科学教育コア」の一環と して行う教育事業です。第1の目的は、学生の研究プロジェクト企画・推 進力やコミュニケーション力を育むことであり、研究成果を出すこと自体 ではありません。大胆なテーマに挑戦し、様々な失敗を将来の糧とできる、 またとないチャンスです。皆さんが心の中で大切に暖めているアイディア をこの機会に是非実現して下さい。

応募資格と公募内容

プロジェクトリーダーが情報科学研究科博士前期・後期課程の学生である こと。独創性や将来性のある提案を20件程度選抜し、1件あたり150万 円程度を上限として経費を支給します。9月に淡路夢舞台国際会議場にて 英語プレゼンテーション能力向上のための模擬国際会議、2月および3月 初旬のスプリングセミナーにてポスターセッション、3月中旬に報告書提 出があります。ポスターセッションでは来場者(教員含む)による人気投 票が行われます。なお、9月の模擬国際会議は、9月末頃のM2/D2中 間発表会とは別(両方に参加義務)なので、M2/D2が応募する場合に は、留意してください。

採択された場合の義務

予算の適正な執行と、購入物品の適正な管理に努めること。上記スケジュー ルに従うこと。発注に際しては、チュータを含む各プロジェクトが責任を もって業者選定および伝票等の準備を行い、しかる後に、CICP事務局に依 頼すること。事務局の閉室時間(17時)を過ぎて用務を依頼しないこと。以 上が遵守されない場合、当該プロジェクトの支援を打ち切ることがありま す。

4/1(火)

新入生向け予告ポスター

4/28(月)

公募開始
応募用紙(日本語版英語版

5/9(金)

13:30〜14:30 L1にて応募説明会を開催
ゼミIの時間ですが,ゼミの出席にはカウントしません

5/19(月)

17:00 応募〆切
受け付けは時報通りにcloseします

選考委員会による慎重な議論の結果,CICP2008(Creative and International Competitiveness Project)の採択プロジェクトを以下の通り決定
末尾に予算執行に関する説明会の案内があるので,採択されたリーダおよびチュータは最後まで読むこと

5/30(金)

選抜結果公表および研究開始(当日付の伝票から有効)
以後,履歴書に「CICPリーダ」,「CICPメンバ」と記入可能
ただし交付決定金額が申請額と異なる(最大30%減:昨年の平均申請額133万に比べ,今年は147万と多いため)場合があるので,いきなり申請額を満額使わないこと
本経費は運営交付金と異なり,講座の管理下には入りません.講座の運営交付金とは完全に切り離して執行すること
本経費の執行はすべて,教務員の足立さん satomi(at)is.naist.jp を通すこと(ただし伝票処理のみ)
業者選定から伝票入手まではリーダとチュータが責任を持って行うこと(教務員に依頼しないこと)
交通費と宿泊費は実費払いなので,領収書を必ず取っておくこと.
審査対象46件,採択21件,採択率45.7%
学年CICPリーダプロジェクト名
M2永松 明屋内環境における立体映像を用いたプロジェクションAR 型情報提示システム
M2今畑 年雄眼球運動計測に基づくリアルな顔CGアニメーション
M2小島 一允Ubiquitous x Sports 〜無線センサーネットワークを利用したリアルタイムなスポーツ情報流通基盤の構築〜
M2祖父江 厚志耳を持ったロボットハンド「NAIST-HAND Type M」の開発
M2野末 愛子みえたらログイン ― 視覚型秘密分散共有を利用した相互認証システム
M2林 浩平ソーシャルネットワークサービスにおける友人推薦システムの開発〜機械が結ぶ人の縁〜
M2南 貴博振ってつながるかんたんセキュリティTS3K(Tunable Security by Shaking and Sharing Key)
M2Oulad Nassar BadrSPICE Project: Development of Super high-speed Photonic Interface for Computer Equipment with WDM Technology
D2木村 学書誌情報マップ
D2伏田 享平ユーザのグルーピングを利用した展示会運営支援システムの開発
D2堀 磨伊也全方位動画像と可動椅子を用いた高臨場感テレプレゼンスシステムの構築
D2Retno SupriyantiField Study of Cataract Diagnosis in Indonesia Towards Integration of ICT and Health Care for Developing Countries
M1井之上 直也拝啓 添削者様 〜ブログパーツで繋がる相互添削ネットワーク〜
M1大林 千尋生駒の歩き方 -からだ測定から考える健康歩行支援プロジェクト-
M1小橋 優司3Dチョコレート造形装置「NAIST Chocolatier(ナイスト ショコラティエ)」の開発
M1中村 政義仮想世界における人工生命の進化と生態系自己組織化のシミュレータ「anlife」の開発
M1芳賀 真由美YUMA -人の自然な振る舞いを大切にするインタフェースデバイスの開発-
M1畑田 和良さらりとかわす『トムとジェリー』
M1平田 雅也NAIST-IT グリーン化プロジェクト「ECONAS」
M1福井 善朗「祇園祭」山鉾の安全性検証 〜伝統と工学の融合〜
D1西田 孝三ヒトとヒト腸内細菌群集間の化学物質を介した相互作用の理解に必須なメタゲノム情報可視化ツールの開発

6/4(水)16:00〜17:00 @L2 予定

健康診断が15:00に終了した後です
L2にて,交付決定金額および予算執行(提出伝票の確認はチュータが行う)に関する説明会
採択プロジェクトのプロジェクトリーダおよびチュータは出席のこと(出席できない場合は必ず代理を出席させること)
誰も出席しないプロジェクトは,辞退したものと見なします
減額によりプロジェクトの遂行が困難であることをもって,辞退する場合には,6/9までに連絡すること
交付申請書を6/9までに提出すること
模擬国際会議に向けての準備

6/9(月)

交付申請を提出 (日本語版英語版
個人の免許取得費用・人件費・謝金は支出不可(記入している応募があるが原則不可)
ただし実験協力者(被験者)等に支払う謝金は,応募時の金額以内で認める場合があるので個別に相談のこと(研究リーダーおよびメンバーにはいかなる理由でも支払い不可)
模擬国際会議には全員参加.ただしリーダ含む原則5名まで(チュータは別).5名を超えるメンバの参加欄チェックを外すこと.
ただし,人数に多少余裕があるので6名以上で参加したい場合は,応相談.
チュータは特段の理由がない限り参加(受け付け,セッション座長その他要員です)
提出先は,教務員の足立さん satomi(at)is.naist.jp 支出不可の項目がないかチェックを受けること
旅費の申請方法と物品購入後の書類の処理

9/19,20(金,土)「CICP2008: Workshop for Creative and International Competitiveness Project」

Program Guide (FINAL)

アンケート結果

国際会議の雰囲気を経験することができた.英語に触れる良い機会になり,英語へのモチベーションが高まった.
なかなか国際会議に参加できないM1も雰囲気をつかむことができた。多くの学生が最低このぐらいできれば国際会議で発表できそうとわかった。
今まで英語発表の経験はなかったが、今回の経験でスライドの準備や、発表練習にどれくらいの時間が必要か、感覚がつかめるようになったのでよかったと思う。準備不足のため、今回の私の発表は失敗に終わったが、今後、国際会議等で発表を行う際には、今回の失敗を生かして、準備期間を多くとりたいと思う。
リーダの口頭発表のみならず、メンバも質疑で参加することで英語を使う機会が少ない人でも英語を積極的に使う意識を持つことができた点が有益だと感じました。
各発表の直後にコメントをもらえたこと,および,セル先生のチュートリアルが有益であった.
各発表者に対して発表直後にアドバイスを頂ける点が良かったと思います。
国際会議に採択されることがなければ、修士学生は英語で発表する機会はありません。このプログラムにおいて英語で発表することは非常に有意義なことであると思います。
模擬国際会議ということで進行から発表まで全て英語で行われたので、自分の英語の力量を知るという点において良かったと思います。また、今回の発表では研究分野の違う方の色々な発表を聞くことができ、さらに質問もすることができたので、その分野の人がどのように考えているのかということを知ることができて非常に有意義だったと思います。
英語でプレゼンテーションを聞く機会を得られたこと.英語で異分野(同じ情報系のくくりではあっても)に対して質問をする機会を得られたこと.模擬ではあるが、国際会議と想定された場に参加できたこと.
セル先生による事前説明、reviewがあったこと.資料配布が当日各々81部印刷してくるシステムだったこと(ぎりぎりまで改善できた)
参加学生に質問をある程度強制したおかげで,議論の練習もできる形になったのがよかったと思います.教官からの質問では学生が萎縮してしまうと思うので.大学ではなく別の施設で開催したことで緊張感のあるよい雰囲気だったと思います.
本当に海外に行って2泊3日くらいで行いたい。海外の大学の先生などに講演を行っていただきたい。海外の大学の学生相手にプレゼンを行いたい。
有益であったのは,二名のネイティブスピーカーから,英語およびプレゼンテーションそのものについてアドバイス・コメントをいただくことができた事です.また,今後似た形式で開催される国際会議参加する際のリハーサルとなり,英語での発表に強い自信を持つ事ができました.発表をビデオ撮影していたのも,自らの発表を振り返る上で大変参考になると思います.
プレゼン終了後すぐに具体的なコメントがあったため,発表者にとっても分かり易かったと思います.我々からみても,今後学生に注意すべき点が明確になり有益でした.
採択されたCICPの内容と現在の進捗状況がわかり,プロジェクトを進める上で刺激を受けられたこと.
夜のフリーディスカッションで他のプロジェクトの方と交流を深められたこと.
実際に英語でプレゼンテーション資料を作成し,それを校正することや実際に発表することによりプレゼンテーションスキルの勉強になったこと.
メンバはリーダと違いCICP関係の集合に出席する機会がないので実際に採択されたプロジェクトの詳細を知ることができたこと.
その場で質問を考えることで,英会話の瞬発力を学ぶことができたことです.
ネイティブからの意見を「英語でのプレゼンテーション」に重点を置いて聞くことができた。今後の国際会議に参加する際のプレゼンテーション作りで、多いに役立つと思われる。来年のCICPでも是非、開催すべき。
来年度はCICPメンバー以外の希望学生にも参加してもらってもよいかもしれません.
普段付き合うことのなかった人と交流できたのが良かった
チュートリアルはとても勉強になりました.多くの学生に聞かせたいと思いました.また,他の研究室の学生と話をする機会はあまりないので,教員と学生,また学生同士の交流ができて,フリーディスカッションは良かったと思います.
「英語で話す」場を作ること自体が,国際競争力を養う上で有益であると感じました.
発表のコメントをセル先生やルイスさんからもらうことによって、英語プレゼンテーションの際の注意すべき点が具体的に分かりました。
正直なところ模擬国際会議までしなくとも英語の発表練習は十分にできると思っておりましたが,参加してみて非常に効果的なかつ貴重な経験のできる場であることを認識いたしました.是非,来年度以降もNAISTの独特な教育方針として継続していただきたいと思います.
月並ですが,研究促進のみならずプレゼンの練習の場として意義があると思います.
Sell 先生の役目は,英語に関するものだけと思っていたのですが,ppt作成などのプレゼン全体に及んでいました.スライド作成に関しては,Sell 先生でなくても教員が対応できるものではないかと思いました.
普段あまり行わない、英語でのプレゼンテーションの作成や公聴を行えた。英語で質問を行うために、普段より「質問」に対して深く考察するいい機会になった。
発表の後に,即コメントを貰えたことが有益であったと思います.
国際会議の雰囲気が掴め、どのように見えていたか評価されること。他のプロジェクトの詳細、メンバーとの交流が図れたこと。自分の英語力がいかに乏しいか、実感させられたことが有益だった。
発表資料を作る前にSell先生のチュートリアルを聴講できれば、より良いプレゼンが行えた気がします。
英語改善講座は発表日に実施するより、発表前に時間をとってやって頂けたらと思いました。
セル先生のチュートリアルは2週間ぐらい前のほうがよかったかもしれない。
セル先生の講義を、発表日より前に行ってほしい。英文デスクサービスの利用、または英語指導教員の前での発表練習を全員強制にした方がよいと思う。
セル先生のチュートリアルが直前にあったため,せっかくのアドバイスが活かせないまま発表せざるを得なかったようなものが見受けられたように思います.
⇒コメント:リーダには採択通知時に簡単なチュートリアルを行い,採点票も渡し,英語授業/デスクサービスの紹介もしています.当日のアドバイスはあくまで復習!
ジェスチャーが採点項目になっていたので,ピンマイクが使用できればよかったのになと思います.
メンバとして参加した人で、一言も英語で話していない人もいるのではと思いました。次回は、メンバの人も英語で話す機会を(強制的に?)与えてもよいかと思い ました。
事前説明では発表12分質問3分だったが、発表13分、質問2分だった点.10分1鈴等がなかった点。臨機応変にスライドを省く/詳しく説明する等の対応がしにくかった。(国際会議では基本的に時間を知らせるベルは使わないものなのでしょうか?)
質疑のときにマイクの受け渡しがスムースに行けば、より人が質問できる会議になると思います。
質問の時間が短かったことだと思います。質問の時間がもう少しあると、もっと活発な議論が行われたと思います。
発表時間や質疑応答の時間をもう少し長くとっていただきたいということ.これは質問が多く,質問が残っているにもかかわらず次の発表に移ってしまうという現象が数件見られたこと.
⇒コメント:普通こうです
スコアシートにはコメントが書ける部分があるとよかったかもしれません
スコアシートに質疑に関する項目が必要だと感じた.先生方が付けた点数によるランキングがあると面白いと思う.
教育という建前のプロジェクトなので賞を与えるということがふさわしいかどうかは議論の余地があるとは思いますが,優秀なプレゼンテーションや議論を盛り上げたような人を表彰するのというのもよいかと思います.
⇒コメント:教材ビデオで,良い例として取り挙げられる名誉がもらえます
改善点を見つけてもM2で就職してしまうような学生は生かす場がないままに終わってしまうのはもったいないので,別の機会で英語発表を行うような場を提供できるといいのではないかと思います.
⇒コメント:心配しなくても就職してから本当に必要になります
改善点としては,スケジュールが多少強硬なところです.お土産を買うことが今回の目的ではありませんが,ホテル内の施設をゆったりと見て回るくらいの時間的余裕があれば良かったと思います.
スケジュールがきつかったことです。出発が早すぎて前泊した人がいました。せっかくですので、ゆとりをもった国際会議にしてもらいたかったです。
⇒コメント:若いんだから,たまのイベントくらい我慢しなさい
今回は英語プレゼン技法がメインのため,技術的内容については議論が深まらなかったように思います.例えばチューターからも質問するようにして,少し技術的な中身に踏み込んでも良いかもと思いました.もちろん,今回のようにプレゼン技法に焦点を絞った方が良いのかもしれません.
⇒コメント:そのような意図でしたし,教員が質問すると学生が手を挙げなくなるので
セッションごとに様々なジャンルの発表があるのは聞く方が疲れてしまいます.そこで,申請時にキーワードやジャンルを指定することで近いテーマの発表が集まるようにプログラムを編成していただけると助かると思います.
⇒コメント:学年ごとに固めていました.学年間で有意な差があるかどうか見るため.結果的に,あまり差がないことがわかりました
他プロジェクトとの交流時間がもう少しあればよかったと思う(Free Discussionは任意参加となっていた為)。発表の際、メンバーを同時に紹介すれば、興味を持った他プロジェクトメンバーと話すきっかけが増えると思う(時間が不足しそうですが)
フリーディスカッションは1ヶ所で行った方が良かったかもしれません.また,チュートリアルですが,発表直前では修正が難しいので事前に行うのも良いかと思います.
フリーディスカッションについても,もう少し広い部屋があれば良かったと思います.部屋がもう少し大きければ,学生・教員を問わずより幅広い人とコミュニケーションがとれたのではないかと感じます.
夜のフリーディスカッションが2カ所になっておりましたが,これを会場が広めの一つの部屋にまとめて立食パーティの様な形でできると夕食もとりながらディスカッションができて有意義だと考えます.
スコアシートにコメントを付けることができたら良かったと思う。他のプロジェクトで「こうするともっと良いんじゃないかな」 と思った点が多々あったので。
夕食は個々に任せるんではなくて、立食パーティーのようにメン バーと交流を図れるようにできるといいのではないだろうか。教員からの評価もあれば良かったと思う。(学生評価とセル先生との評価で差が顕著だったので)
⇒コメント:会場として#305の12畳が最も広い部屋でしたが,結局誰も寄りつかなくて,狭い#304が人気でした.立食パーティは追加負担¥5000/人で開催可能でしたが,そこまで負担するサービスを皆が望むかどうかです
ハンドアウトはプレゼン資料の印刷でしたが,2ページ程度でもProceedingsを書かせるようにするとなお良いかと思います.
⇒コメント:Abstを書かせることも考えましたが,WritingよりもPresentationに集中してもらうために敢えてpptのみとしました

以下は今後の大まかな予定(スプリングセミナーとオープンキャンパスの両方に出展します)

3/12(木)スプリングセミナー1日目

スプリングセミナー参加者との懇親会があります
懇親会の場で,各プロジェクト1分ずつ研究内容の紹介(プロジェクタあります)をしてください
要するに,翌日の宣伝ということです.リーダー不在の場合は代理OK
誰も来ないことがないように,極力努めること
机の搬出等は協力して行うこと
場所は,ミレニアムホール
時間は,17:30〜19:00ごろ.間に合うように集合.事前予約は不要
参加費無料(CICPからは50名程度の参加を見込んでいます.各プロジェクトから複数名が参加可能ということ)

3/13(金)スプリングセミナー2日目(スケジュール

スプリングセミナー参加者が自由時間(1〜2時間)に人気投票をします.14日のオープンキャンパス参加者による投票と合わせて上位2プロジェクトを表彰予定.
CICPコーナー紹介パネル
投票用パネル
パネルのサンプル(Illustratorで編集可) … 様式は特に定めませんがPDFを提出すること.パネルは各自印刷/製作すること
パネルの大きさは,オープンキャンパスでよく使っているサイズ(100×70cm)
ポスターを自分の研究室で印刷出来ない人は、3/6 17:00までに足立さん(satomi@is.naist.jp )まで画像を送ること
セミナー参加者は各セミナーの休憩時間にバラバラに来場するので,一度に混雑することはないはず
〜13:00 ポスターセッション準備
足立さんから「13日分の投票用パネル」と「金銀シールセット」を受け取って,場所も考えて共同で設置すること
パネル用のついたて(L1横の倉庫)と机(S1〜S3教室から搬出)は,情報事務に予約済
ただし搬出は自分たちでやること.場所は1Fに限定しますが,全体レイアウトは自分たちで考えること
デモもOK.天井の電源レールにはめ込むアダプタは,情報事務にあります.延長コードは各自持参すること
電源容量についてはCICPリーダ間で調整すること(昨年度,一部のプロジェクトが逸脱したため,電源が落ちました)
有線LANを使う1件については,ITCへの利用申請はチュータに依頼すること
天井のスポットライトが必要な場合は足立さんに問い合わせること
13:00〜15:10 ポスターセッション
CICPリーダが互いに協力して,投票用パネル横で投票の対応をすること
来場者に金銀シールを1組渡して入場してもらい,出る時に投票用パネルに貼付.シールがなくなった時点で終了.
終了間際の15:00頃に修学旅行高校生が若干名参加しますが,全部見て回る時間がない場合は,投票しません.
シールの無断追加は厳禁
通りかかった教員が投票することもできます.(NAIST学生の投票は不可)
投票パネルは,15:10頃に足立さんが回収します.
中島は当日不在ですが,くれぐれも不正行為のないよう,CICPリーダが互いに協力すること
トラブル発生時は 090-4288-1548 に電話すること(番号通知ありで)
15:10〜16:15 片付け
終了後は速やかに撤収.借りた物品は,CICPリーダが責任をもって全て元通りに返却すること
ただし14日にオープンキャンパスがあるので,貴重品のみ撤収
16:15からセミナー参加者の修了式がL2で始まっているので、L2近辺で騒がないこと

3/14(土)オープンキャンパス

オープンキャンパスが予定されています.SSH高校生が40名程度来る計画があります.来れば,投票に参加してもらいます.
受験を考えている学生や一般の人と意見交換できるチャンスですし,うまくいけば後輩が増えるかもしれません.
16:30 投票〆切
集計結果から,最優秀プロジェクトと優秀プロジェクトを決定し,表彰状を作成します
金シール最多プロジェクトが最優秀賞.金同数の場合に限り銀シール数で比較.金銀とも同数の場合は審査委員の決定に従うこと.
17:00 表彰式@L2と片付け
結果に関してあとから不平不満を言ってきても聞く耳はありません
使用したついたてと机は,元の倉庫とS1〜S3に戻すこと

3/17(火)16:00 報告書提出締め切り(延長無し.編集後,翌日製本に回します.遅れたら当該プロジェクトの報告書はカット)

中島出張(3/15-19)につき提出先は nakada(at)is.naist.jp
公表論文の謝辞の書き方:「本プロジェクトは大学院教育改革支援プログラムによる.」
報告書の様式 … WORD原稿およびPDF変換(FONT埋め込み,ページ番号無し)の両方を提出すること(TeXは不可)
申請書と交付申請書を整形した計画書:2〜3頁(ページ数超過は不可)
決算書+自己評価:1頁(ページ数超過は不可)
結果報告書2段組:6頁(研究会報告1本相当,ページ数超過は不可,どうしても入らない場合は常識の範囲内で行間を詰めてよい)
提出的には,2段組中央の境界線を削除すること
昨年度,多種のワープロで作ったファイルを混在させるのに苦労しました.Word以外は不可.
WORD2003/2007で作成する場合は,WORD2000互換形式でファイル保存して添付すること.
2008年度報告書