2017年4月1日 コンピューティング・アーキテクチャ 中島

英文添削/プレゼンテーショントレーニング(随時受付)

情報科学分野の国際/国内英文論文誌投稿原稿,採録原稿,発表用スライド,スピーチ原稿が対象

注意点

指導教員による添削を受けた後に,本サービスを利用すること. 20ページを超える大物は原則不可.特に修士論文や博士論文は大迷惑(と言っているのに持ってくる人がいますが無駄です).

Note that the time is limited, and it may not be possible to edit all papers that arrive. You should bring your paper at least one week before you need it, as early in the office hours as possible.

受付

A203(担当:Sell先生) 日時等詳細 申込書をダウンロードして記入の上,USBメモリに格納して直接来室のこと.USBメモリは,Windowsドライバのインストールが不要なものに限る.メールでの受付け可否は個別に相談のこと.

論文原稿の場合

持ち込み形態 返却形態
USBメモリ(Wordファイル)
LaTeXの場合,本文全体を1つのWordファイルに入れる.図表確認のため投稿用PDFファイルも添付すること
修正履歴付きWordファイル

発表練習の場合

持ち込み形態 返却形態
USBメモリ(PPTファイル)
PPTスライドの添削もOK.スピーチ原稿の添削も依頼する場合は,Wordファイルで添付すること
PPTファイル(スピーチ原稿は修正履歴付きWordファイル)