発表論文一覧 2004年度(2004年4月-2005年3月)

論文誌・国際会議

  1. M. Tomono, M. Nakanishi, S. Yamashita, and K. Watanabe
    ”Event-Oriented Computing with Reconfigurable Platform”
    In Proc. of the 10th Asia and South Pacific Design Automation Conference (ASP-DAC 2005), pp. 1248-1251, January 2005.
  2. K. Iwama, A. Kawachi, R. Raymond H. P., S. Yamashita,
    ”Robust Quantum Algorithms for Oracle Identification,”
    Proc. of Workshop on Quantum Information Processing 2005, January 2005.
  3. S. Tani, M. Nakanishi, and S. Yamashita,
    ”A quantum protocol for the list-nonequality function,”
    Proc. of Workshop on Quantum Information Processing 2005, January 2005.
  4. S. Yamashita, M. Nakanishi, and K. Watanabe,
    ”Toward a Practical Environment for Quantum Programming,”
    Proc. of Asia-Pacific Conference on Quantum Information Science 2004, December 2004.
  5. Kei Kurakawa,
    ”Feature modeling from holistic viewpoints in product line engineering, ”
    International Workshop on Adopting Product Line Software Engineering in conjunction with the Asian Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2004), Busan, South Korea, November, (2004).
  6. 桑川栄一
    ”室配置方角と室接続関係の図式化を用いた平面プラン作成支援方法の提案”
    日本建築学会計画系論文集 第584号,pp.13-20,2004年10月.
  7. N. Doi, T. Horiyama, M. Nakanishi, and S. Kimura,
    ”An Optimization Method in Folating-point to Fixed-point Conversion using Positive and Negative Error Analysis and Sharing of Operations.”
    In. Proc. of the 12th Workshop on Synthesis And System Integration of Mixed Information technologies(SASIMI 2004), pp. 466-471, October 2004.
  8. Kurakawa, K., Tanaka, H.,
    ”Effects of a Scenario-Based Design Information Model on Design Activities, ”
    2004 ASME Design Engineering Technical Conferences & Computers and Information in Engineering Conference, 24th Computers and Information in Engineering Conference, DETC2004-57711 (CD-ROM), Salt Lake City, USA, September, (2004).
  9. Kei Kurakawa,
    ”A scenario-driven conceptual design information model and its formation, ”
    Research in Engineering Design, Vol.15, No.2, pp.122-137, Springer, September (2004), DOI: 10.1007/s00163-004-0050-z.
  10. M. Nakanishi
    ”On the Power of One-Sided Error Quantum Pushdown Automata with Classical Stack Operations”
    Proc. of 10th Annual International Computing and Combinatorics Conference (COCOON 2004), LNCS 3106, pp. 179 - 187, Aug. 2004.
  11. 井上晶広,蔵川圭,中西正樹,渡邉勝正
    ”コンポーネントベース開発のためのアプリケーションフレームワーク”
    情報科学技術レターズ 2004 vol3,pp.9-11,2004年8月.
  12. 蔵川圭
    ”設計における一般概念操作とソフトウェア開発の性質”
    ソフトウェアシンポジウム2004,岡山,pp.95-pp.104,June,(2004).
  13. Kei Kurakawa,
    ”General concept creations and operations in design, ”
    7th Joint Workshop on System Development, Busan, South Korea, (CD-ROM), April, 2004.

特許

  1. 岡崎篤也, 山下茂, 中西正樹, 渡邉勝正
    ”マイクロプロセッサ、ノード端末、コンピュータシステム及びプログラム実行証明方法.”
    特願2005-013190.

研究会(査読付き)

  1. 桑川栄一、渡邉勝正
    ”平面プラン作成支援における設計資産の活用〜建築平面プランを対象として〜”
    情報処理学会 2005年情報学シンポジウム 講演論文集、pp.47-52、2005年1.
  2. 小林さとみ,中西正樹,渡邉勝正,
    ”携帯機器に多言語のリソースを安定的に供給出来るネットワークサービス”
    2005年情報学シンポジウム講演論文集, pp81-86,2005年1月.

研究会

  1. 土井伸洋,堀山貴史,中西正樹,木村晋二
    ”非線型方程式と整数解の探索に基づく高位合成向けビット長最適化”,
    情報処理学会研究報告,2005-SLDM-119, pp. 133-138,2005年3月.
  2. 中井伸郎,中西正樹,山下茂,渡邉勝正
    ”配線リソースを考慮した再構成可能 1bit プロセッサアレイ”,
    情報処理学会研究報告,2005-SLDM-118, pp. 7-12, 2005年1月.
  3. 中西正樹
    ”量子オートマトンの計算能力”
    第11回量子情報技術研究会,電子情報通信学会 信学技報, QIT2004-50, pp. 16-20, 2004年12月.
  4. Seiichiro Tani, Masaki Nakanishi, and Shigeru Yamashita,
    ”A quantum protocol for the list-nonequality function,”
    IEICE Techinical Report QIT2004-51, pp. 21-25, Dec. 2004.
  5. Shigeru Yamashita, Katsunori Tanaka, Hideyuki Takada,
    ”Transformation-Based Logic Design for RSFQ Logic Circuits,”
    電子情報通信学会技術報告, vol. 104, no. 478, pp.157-162 (VLD2004-87), November, 2004.
  6. 渡邉勝正, 井上晶広, 山田洋平, 中西正樹, 山下茂
    ”ソフトウェアの自己変更を支援する機構について”
    電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会 信学技報 SS2004-34 pp. 1-6,(2004-11).
  7. 岡崎篤也,中西正樹,山下茂,渡邉勝正,
    ”CPUによるマルウェアコードの実行防止”
    コンピュータセキュリティシンポジウム2004 (CSS2004),pp.421-426,2004年10月.
  8. 桑川栄一,渡邉勝正
    ”A Study of the planning-support using the floor-plan-database”(本文英文,日本語タイトルなし)
    FIT2004(第3回情報科学技術フォーラム)一般講演論文集 第3分冊 pp.453-456,2004年9月.
  9. 伴野充,中西正樹,山下茂,渡邉勝正
    ”再構成可能ハードウェアを用いたイベント指向型計算とその応用”
    第4回リコンフィギャラブルシステム研究会論文集,pp.103-109,2004年9月.
  10. 蔵川圭
    ”設計における一般概念操作”
    日本機械学会2004年度 年次大会講演論文集,No.7,J-20-3,2850,September,(2004).
  11. 蔵川圭
    ”設計者の概念操作とソフトウェア開発の性質”
    Design Symposium 2004 講演論文集,pp.91-pp.98,July,(2004)
  12. 河内亮周, 山下茂, 岩間一雄
    ”オラクル同定問題に対する頑健な量子アルゴリズム”
    情報処理学会アルゴリズム研究会, Vol. 96-1, 2004年7月.
  13. 河内亮周, 山下茂, 岩間一雄
    ”オラクル同定問題に対する頑健な量子アルゴリズム”
    情報処理学会アルゴリズム研究会, Vol. 96-1, 2004年7月.
  14. 桑川栄一,渡邉勝正
    ”既存設計事例を参考とした平面プラン作成方法の提案”
    Design Symposium 2004 講演論文集,pp.149-152,2004年7月.
  15. 土井伸洋,堀山貴史,中西正樹,木村晋二
    ”浮動小数点演算での誤差の増減を考慮した変数のビット長最適化”
    DA シンポジウム 2004,pp.85-90,2004年7月.
  16. 土井伸洋,堀山貴史,中西正樹,木村晋二
    ”抽象解釈手法に基づく変数の相互関係解析とそのデータパス最適化への応用”
    電子情報通信学会 信学技報,VLD2004-8,pp.7-12,2004年5月.
  17. 伴野充,中西正樹,山下茂,渡邉勝正
    ”例外検出用動的再構成可能なコプロセッサ”
    電子情報通信学会 信学技報,VLD2004-8,pp.13-18,2004年5月.