発表論文一覧 2003年度(2003年4月-2004年3月)

論文誌・国際会議

  1. N. Doi, T. Horiyama, M. Nakanishi, S. Kimura, and K. Watanabe.
    Bit Length Optimization of Fractional Parts on Floating to Fixed Point Conversion for High-Level Synthesis.
    In Proc. of 12th Workshop on Synthesis And System Integration of Mixed Information technologies (SASIMI2003), pp. 129-136, April 2003.
  2. K. Iwama, A. Kawachi, and S. Yamashita.
    Quantum Sampling for Balanced Allocations.
    In Proc. of 9th Annual International Computing and Combinatorics Conference (COCOON 2003), LNCS 2697 (2003), pp. 304-318.
  3. N. Kunihiro and, S. Yamashita.
    Efficient Algorithms for NMR Quantum Computers with Small Qubits.
    New Generation Computing, Vol. 21, No.4, pp. 329-337, 2003, Ohmsha, Ltd.
  4. K. Iwama, and S. Yamashita.
    Transformation Rules for CNOT-based Quantum Circuits and Their Applications.
    New Generation Computing, Vol. 21, No.4, pp. 297-317, 2003, Ohmsha, Ltd.
  5. K. Iwama, R. Raymond H. P., and S. Yamashita.
    Quantum Query Complexity of Biased Oracles.
    Workshop on ERATO Quantum Information Science 2003, Sep. 2003.
  6. N. Doi, T. Horiyama, M. Nakanishi, S. Kimura, and K. Watanabe.
    Bit Length Optimization of Fractional Part on Floating to Fixed Point Conversion for High-Level Synthesis.
    IEICE Trans. Fundamentals, Vol.E86-A, No.12, pp. 3184-3191, December 2003.
  7. N. Doi, T. Horiyama, M. Nakanishi, and S. Kimura.
    Minimization of Fractional Wordlength on Fixed-Point Conversion for High-Level Synthesis.
    In. Proc. of Asia and South Pacific Design Automation Conference 2004 (ASP-DAC 2004), pp. 80-85, January 2004.
  8. Y. Murakami, M. Nakanishi, S. Yamashita, and K. Watanabe.
    Quantum Pushdown Automata that can Deterministically Solve a Certain Problem.
    International Symposium on Mesoscopic Superconductivity and Spintronics (MS+S2004), p. 16, March 2004.
  9. A. Ambainis, K. Iwama, A. Kawachi, H. Masuda, R. Putra, S. Yamashita
    Quantum Identification of Boolean Oracles.
    In. Proc. of 21st Symposium on Theoretical Aspects of Computer Science (STACS 2004), (to appear), March 2004.

研究会

  1. 水原隆道,中西正樹,渡邉勝正.
    自発的移送が可能なオブジェクト生成システムの開発.
    電子情報通信学会 信学技報, KBSE2003, pp.1-8, 2003年5月.
  2. 岩間一雄,Raymond H. Putra,山下茂.
    バイアス付量子オラクルの計算量について.
    電子情報通信学会量子情報技術研究会 (QIT2003-17), pp. 95-100, 2003年7月.
  3. 清水友樹,木村晋二,堀山貴史,中西正樹,柳澤政生.
    畳み込み機構を持つFPGAのマッピング能力について.
    DAシンポジウム2003, pp. 31-36, 2003年7月.
  4. 土井伸洋,堀山貴史,中西正樹,木村晋二.
    丸めを考慮した浮動小数点数の固定小数点数への自動変換.
    DAシンポジウム2003, pp.209-214, 2003年7月.
  5. T. Majima, M. Nakanishi, K. Watanabe.
    Automatic Generation of Java-Based, Database-Independent Query API,
    Technical Report of IEICE. DE2003-115, DC2003-28, pp.25-30, October 2003.
  6. 高木文博,中西正樹,山下茂,渡邉勝正
    状態空間の分割を用いた量子探索ハードウェアシミュレータ
    電子情報通信学会技術研究報告 (DesignGaia2003), pp. 145-150, 2003年11月.
  7. 伴野充,中西正樹,山下茂,渡邉勝正
    能動関数モジュールを再配置可能なアクティブソフトウェア向けアーキテクチャの提案
    電子情報通信学会技術研究報告 (DesignGaia2003), pp. 151-155, 2003年11月.
  8. M. Nakanishi.
    One-Sided Error Quantum Pushdown Automata with Classical Stack Operations.
    IEICE Technical Report, QIT2003-93, pp.155 - 158, December 2003.

全国大会

  1. 中西正樹,森下真秀,渡邉勝正.
    状態遷移関数を確率的に選択可能な1方向量子有限オートマトン.
    情報科学技術フォーラム2003 (FIT2003), A-049, 2003年9月.
  2. 井上晶広,中西正樹,渡邉勝正.
    アクティブソフトウェア構築のための Java API.
    情報科学技術フォーラム2003 (FIT2003), B-016, 2003年9月.
  3. 石井淳, 梶原裕嗣, 中西正樹, 堀山貴史, 木村晋二, 渡邉勝正.
    論理関数の重ね合わせに基づく加減算向きLUT.
    電子情報通信学会総合大会, A-3-25, Mar. 2002.
  4. 高木文博,中西正樹,山下茂,渡邉勝正.
    FPGAを用いた量子探索シミュレータ.
    情報科学技術フォーラム2003(FIT2003),C-031,2003年9月.
  5. K. Iwama, R. Raymond H. P., S. Yamashita,.
    Quantum Query Complexity of Biased Oracles.
    Information Technology Letters, pp. 17-18, Sep. 2003.
  6. 桑川栄一.
    主要室の配置方角から概略的な室配置を得る方法.
    日本建築学会大会学術講演(2003(東海)), E-1分冊, p.607, 2003年9月.
  7. 渡邉勝正, 駱 福全, 井上晶広, 桑川栄一, 水原隆道, 中西正樹,
    能動関数の配列によるアクティブソフトウェアの構成,
    日本ソフトウェア科学会第20回大会(2003年度)論文集, 4B-1, 2003年 9月.
  8. 蔵川圭,
    CD-SCENERY: 設計議論を明確化する概念設計支援システム,
    第13回設計工学・システム部門講演会講演論文集(日本機械学会No.03-27),
    pp.220-223,2003年10月.
  9. 蔵川圭,
    設計プロセス表現に基づく設計情報の外在化と構造化の効果,
    情報処理学会グループウェアとネットワークサービス研究会報告,
    GN-49, pp.25-30, 2003年10月.
  10. 渡邉勝正, 井上晶広, 真嶋利彰, 伴野 充, 中西正樹, 山下 茂,
    安全性を保証するアクティブソフトウェアの構成法,
    シンポジウム「システム検証の科学技術」2004, pp.115 - 125, 2004年 2月.