発表論文一覧 1999年度(1999年4月-2000年3月)

論文誌・国際会議

  1. O.Ogawa, K.Takagi, Y.Itoh, S.Kimura, and K.Watanabe.
    Hardware Synthesis from C Programs with Estimation of Bit Length of Variables.
    IEICE Trans. Fundamentals, Vol. E82-A, No.11, pp. 2338--2346, Nov. 1999.
  2. K.Takagi, H.Hatakeda, S.Kimura, and K.Watanabe.
    Exact Minimization of Free BDDs and Its Application to Pass-Transister Logic Optimization.
    IEICE Trans. Fundamentals, Vol. E82-A, No.11, pp. 2407--2412, Nov. 1999.
  3. 相良かおる, 渡邉勝正.
    英文契約書式集に含まれる名詞間の類似度計算.
    情報処理学会論文誌, Vol.40, No.12, pp. 4213--4225, Dec. 2000.
  4. Q.Zhu, Y.Matsunaga, S.Kimura, and K.Watanabe.
    Multi-Level Logic Simplification using Statisfiability Don't Cares.
    Proceedings of Asia Pacific Conference on cHip Design Languages, pp. 127--131, Oct. 1999.
  5. T.Horiyama and T.Ibaraki.
    Ordered Binary Decision Diagrams as Knowledge-Bases.
    Proc. of 10th Annual International Symposium on Algorithms and Computation (ISAAC'99), LNCS 1741, Springer, pp. 83--92, Dec. 1999.
  6. K.Nakamura, S.Maruoka, S.Kimura, and K.Watanabe.
    Multi-Clock Path Analysis Using Propositional Satisfiability.
    Proceedings of Asia and South Pacific Design Automation Conference 2000 (ASP-DAC 2000) C1.5, pp. 81--86, Jan. 2000.
  7. S.Kimura, H.Kida, K.Takagi, T.Abematsu, and K.Watanabe.
    An Application Specific Java Processor with Reconfigurablities.
    Proceedings of Asia and South Pacific Design Automation Conference 2000 (ASP-DAC 2000) A1.13, pp. 25--26, Jan. 2000.
  8. 相良かおる, 渡邉勝正.
    英文契約書の構造化のための統語構造の抽出と注釈付け.
    情報処理学会 2000 年情報学シンポジウム, pp. 135--142, Jan. 2000.

研究会

  1. 小林郁典, 中野純司, 渡邉勝正. 知的オブジェクト指向プログラミング環境.
    情報処理学会 プログラミング研究会 24-5, pp. 1--11, Jun. 1999.
  2. 朱強, 松永裕介, 木村晋二, 渡邉勝正.
    Satisfiability Don't Caresを用いた多段論理回路の簡単化.
    電子情報通信学会 VLSI 設計技術研究会 VLD99-68, pp. 31--37, Sept. 1999.
  3. 渡邉勝正, 朱強, 相良かおる, 木村晋二.
    能動形プログラミングとスレッドによる実現.
    日本ソフトウェア科学会第16回大会論文集 E5-1, pp. 193--196, Sept. 1999.
  4. 渡邉勝正, 木村晋二, 堀山貴史, 駱福全.
    能動形プログラミングとJava Observerとの関係 − 基盤としての pi 計算モデル −.
    科学研究費補助金 特定領域研究, A03班研究会, Nov. 1999.
  5. 中村一博, 丸岡新治, 木村晋二, 渡邉勝正.
    充足可能性判定手法に基づいたマルチクロックパス解析.
    電子情報通信学会 VLSI 設計技術研究会 VLD99-82, pp. 55--62, Nov. 1999.
  6. 渡邉勝正, 木村晋二, 堀山貴史.
    コンテンツに適応する発展的ソフトウェアの構成法 - 能動形プログラミングとその実現機構 -.
    科学研究費補助金 特定領域研究, 発展機構を備えたソフトウェアの構成原理の研究, 第6回研究会報告集 A03-09, Jan. 2000.
  7. T.~Horiyama and T.~Ibaraki.
    Deduction and Abduction with Ordered Binary Decision Diagrams.
    LA シンポジウム, Feb. 2000.

全国大会

  1. 高木一義, 木村晋二.
    Minimization Algorithm of Free BDDs Based on Depth-First Enumeration.
    1999 年電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ大会, A-3-1, Sept. 1999.
  2. 丸岡新治, 中村一博, 木村晋二, 渡邉勝正.
    多段論理回路のための充足可能性判定手法とそれを用いたマルチクロックパス解析.
    1999 年電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ大会, A-3-8, Sept. 1999.